みちの部屋


E-TTL対応スピードライト K&F KF-882-C ワイヤレス多灯

ワイヤレス多灯で、マスターにST-E2を利用し、スレーブに420EXとKF-882-Cで、KF-882-Cの発光タイミングが合わない。

これでは、ワイヤレスでの使用ができない。やっぱり純正じゃないとだめなのか・・・

CL0D1160.JPGふと、おもちゃのようなストロボの存在を思い出した。

これは、CANON スピードライト 90EXの存在。

.

.

.

Canon スピードライト90EX SP90EX

中古価格
¥1,300から
(2017/8/18 10:30時点)

アマゾンで中古を購入することができるが、今日の時点では1,300円から購入できるストロボとなる。

このストロボ、ガイドナンバー9なので、内臓のストロボより弱いストロボだが、ワイヤレスのマスターになれる機能があるため、密かに人気のストロボなのである。

前にこのストロボ(買ったときは1,800円くらいだったと思う)を前に買ってあり、使っていなかった。

早速、ワイヤレスのマスターとして使用するため、設定を行った。

CL0D1161.JPGこのストロボ、ボタンは電源ボタンしかない。

設定は全てカメラから行う。なので、購入を考えている人は、対応表をみて調べてから購入することをお勧めする。

純正のストロボを持っており、お手軽にワイヤレスストロボを体験したいのであれば、お手軽に可能な機種になっている。ただ、この機種もう終息らしくキャノンオンラインショップでの扱いは、すでになくなっている。
今後、入手は難しくなるかもしれない。

E-TTL対応スピードライト K&F KF-882-C 使ってみて

E-TTL対応スピードライト K&F KF-882-Cを実際に使ってみた。

電池を入れ早速電源ON
電源をONすると、ズームが動く音と"ピピピ"と電子音がする。
純正ではしなかった音。
それと純正では、ズームレンズに連動してストロボのレンズが動いていたがなんだか動かない。

CL0D1133-1.jpg表示を見ていると"ZOOM"と表示されている横に"M"と記載されているので恐らくマニュアルなんだろうと思い適当にボタンを押してみた。

.

最終的に分かったのは、"ZOOM"ボタン長押しで焦点距離と思われる数字が点滅する。
次に中央の4つのボタンの左側を数回押すと焦点距離の数字が動いて最終的に表示が"A"になった。この状態でズームレンズを動かすとそれに連動して焦点距離が動いた。

CL0D1134.JPGちなみに説明書だけど中国語と英語で日本語表記が無い。

よくわからないので適当に操作している。

.

.

.

.

.CL0D1135.JPGCL0D1136.JPG音について、まるで写真館で撮った時のように撮影と同時に音が鳴る。自分はうるさいので消したいなとこれまた適当にいじってみた。

結局は、Fnボタンを長押しするとファンクション表示になるので上下ボタンで"Fn-14-0"の表示にし、右ボタンで"Fn-14-1"にして真ん中のボタンを押すと

CL0D1138.JPG♫マークが消え音が鳴らなくなりました。

.

.

.

.

.

CL0D1139.JPGCL0D1140.JPG"CLEAR"表記の右ボタンを押すと表示されるマークから

ハイスピードシンクロ、もう一度押すと後幕シンクロ、もう一度押すと消えてしまいます。

E-TTL対応スピードライト K&F KF-882-C 入手

みちは、Canonのカメラを使用しているが 現在使用しているスピードライト(ストロボ)は、EOS 10D時代に購入した、420EXを使用していた。
最近、電源が入らなかったりすることが度々起こるようになってきた。

後継機種 Canon 430EXⅢの金額を見ると・・・

Canon スピードライト 430EX 3-RT

新品価格
¥31,343から
(2017/8/17 12:05時点)

3万超え~使用頻度そんなにないのに我慢するかと色々とネットで調べてみると
Canonの場合、E-TTLだけどと言って、ストロボとカメラが通信を行い、自動的に光量など調整をしてくれて、何も考えずに写真をきれいに撮れるけど、これって純正品しかできないと思っていたら、最近は互換ストロボが多く販売されておりE-TTLにも対応しているとのこと。また、ワイヤレスでの多灯撮影にも対応しているそうだ。

フラッシュ スピードライト K&F Concept ストロボ カメラフラッシュ Canon用 E-TTL対応 1/8000s HSS マスター/スレーブ オートフォーカス Canonデジタル一眼レフカメラに対応 KF-882 (Canonカメラ適用)

新品価格
¥11,249から
(2017/8/17 13:42時点)

アマゾンで見ると1万2千円を切る値段で売っていた。ちなみにガイドナンバーなど仕様を見ると先に値段を調べた430EXⅢクラスではなく、600EXⅡクラスとなる。

Canon スピードライト 600EX II-RT

新品価格
¥56,699から
(2017/8/17 13:46時点)

比べるストロボはこちら、更に高い金額!これと比べると1/5の値段となるのだ!

使えるなら安いのでも良いんじゃないの?


SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM キヤノン EFマウント用 ファームアップデート

8月4日にSIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM キヤノン EFマウント用のファームがアップデートしていました。

ファームウェアバージョン 1.02
SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11 EF-E 使用時に、手ブレ補正OS機構が正常に作動しない現象を改善しました。

MC-11使っていないから関係ないけど一応アップデート実施

SIGMA Optimization Proを立ち上げると自動的にファームのチェックを行い、アップデートがあれば表示されます。

SnapCrab_SIGMA Optimization Pro_2017-8-12_22-35-18_No-00.pngSnapCrab_SIGMA Optimization Pro_2017-8-12_22-36-7_No-00.pngSnapCrab_SIGMA Optimization Pro_2017-8-12_22-36-49_No-00.pngSnapCrab_SIGMA Optimization Pro_2017-8-12_22-37-15_No-00.png

"はい"を選択するとアップデートが始まります。

後は、アップデートが完了しましたメッセージを待つだけ。事前にアップデートファイルのダウンロードも必要ないので、アップデートも非常に簡単に実行できます。

16mmのレンズとAPS-Hのカメラ

CL0D0620.JPG最近カメラネタばかりですが・・・
16mmスタートの広角レンズを持ち出し風景を撮ってみました。
もっと広大な感じが出るかなと期待しましたが
カメラがAPS-Hサイズになるので1.3倍して20.8mm相当
いま一、広大さが表現できませんでした。
やっぱりフルサイズじゃないと厳しいのかな

HAKUBA レンズ保護フィルター XC-PRO

カメラのレンズ保護の目的でレンズフィルター使っていますが、結構なお値段するんですよね
超低反射や撥水タイプとなると更にお高くなってしまいます。フィルターは消耗品と言われても77mmとかになるとそれはそれはおいそれと交換できる金額ではなくなってきます。

そんな中、ハクバのXC-Proは、超低反射+撥水/防汚でも良心的なお値段で購入できます。

CL0D0593.JPGこの写真がパッケージになりますが 箱いらないんで捨てようとばらしたところ

SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM

CL0D0474.JPGEF70-300mm F4-5.6 IS II USMは、AFが早く大変お気に入りだったけど
陸上競技を撮っていてもう少し長いのが欲しくなって。。。
そんな中ライト・バズーカこと シグマの100-400mm F5-6.3 DG OS HSMが
大変評価が良く、大きさもそれほど大きくなく、重さも400mmにしては、1,160gと軽い。
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMが1,570g
EF70-300mm F4-5.6 IS II USMと比べると重いですが・・・

EF70-300mm F4-5.6 IS II USMと比べてみます。比べるクラスが違いますが手元にある物でってことで
参考までにEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMのデータも記載しておきます。

EF70-300mm F4-5.6 IS II USM 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM
最大径×長さ φ80㎜×145.5㎜ φ86.4㎜ ×182.3㎜ φ94㎜ ×193㎜
質量 約710g 1,160g 1,570g
フィルター径 67㎜ 67㎜ 77㎜
最短撮影距離 1.2m 1.6m 0.98m
絞り羽根枚数 9枚 9枚 9枚
希望小売価格
税別)
72,000円 105,000円 300,000円

CL0D0089.JPG

CL0D0088.JPG並べてみると一回り100-400が長さ、太さ共に大きい。でもフィルター径は一緒なんですね。フィルターを使いまわせるんで助かりました。

LP-E4 互換バッテリーを試す

Canon EOS-1D Mark Ⅲ以降で採用されている、バッテリー LP-E4ですが、すでに終息しています。現在購入できるのは、LP-E4N又はLP-E19となります。但し、充電器の組み合わせで充電できる出来ないがあるので注意が必要です。
価格はというと・・・LP-E4が定価17000円(税別)、LP-E19が定価20000円(税別)とバッテリーだけで結構なお値段です。さすがCanonのフラッグシップ、プロ機でございます。

LC-E4⇒LP-E4とLP-E4Nが充電可能但し、LP-E4Nを100%まで充電できない場合有り LP-E19は充電不可
LC-E4N⇒LP-E4とLP-E4Nが充電可能 LP-E19は充電不可
LC-E19⇒LP-E4、LP-E4N、LP-E19充電可能

では、安い互換バッテリーはどうなのか?
試してみました。

レンズ フロントキャップ

CL0D0132.JPG

カメラを使われる方は、使用しない時レンズキャップをつけているのではないかと思いますが古いタイプだと、左の写真のようなタイプでした。レンズフードをつけていると外すのが困難でフードを一度外したりとしていましたが最近は、フードをしたまま取り外しができるタイプへと変わっています。

今回、同じサイズで3つのメーカーのキャップがあったので比べてみました。

CL0D0125.JPG左から シグマ(左)・キヤノン(中央)・ケンコー(右)シグマとキヤノンはレンズ購入時に付属する物と同一になります。ケンコーは割と昔から発売しており、レンズ付属品が上写真のタイプの時に別途購入したりしていました。

で、実際に使ってみると・・・

シグマは"つまむ"部分が小さくばねの力も強く感じ指が痛い。キャノンは、"つまむ"部分が大きく弱い力で挟むことができ、指も痛くない。ケンコーは、"つまむ"部分は大きいのだが深さが無いのでつまんだ時に指が滑りそうになる。